毛染 パーマ

薄毛の対策方法の各種の紹介

毛染めとパーマの問題について

髪の発育に良くない、毛染めとパーマ

毛染めとパーマの問題については、結論から言いますと、以下の2点に気おつけたいものです。

@ 四週間以内に二回以上、毛染めやパーマをしない。

A 皮膚の弱い方や体質的な薄毛がある方は、毛染めやパーマは要注意。

以上2点のの情報の詳細を述べて見ます。

特に、理・美容室で行う毛染めやパーマは薬液が強いことが多いので、トラブルになりやすいといわれています。

毛染めやパーマ剤は、頭皮の上でアルカリ性製剤や酸性製剤の反応を行ったり、反応を促進する意味で熱を加えたりします。

よく、頭皮がチリチリ痛むという人がいますが、そのような時は、


中には、一度染めた色が気に入らず、一週間もたたないうちに二度目の毛染めをしたり、パーマのウエーブが気に入らず、すぐさまストレートパーマをかけてもどしたりする方がいます。

このような場合、抜け毛が増え、広範囲に脱毛が起こってしまう場合があります。

多くの人は、頭皮が健康でしょうから問題にはならず、いずれは抜けた髪が生えてきますが、皮膚が弱い人や体質的な薄毛がある人は、一度抜けた髪が生えにくい場合が多いので、気をつけなければいけません。