薄毛 洗髪

薄毛と頻繁な洗髪

薄毛と頻繁な洗髪

お風呂

「頻繁な洗髪はハゲる」といういい伝えを聞いたことはありますか?この言葉は髪についての誤解と思い込み、誤ったいい伝えなのでしょうか。
薄毛・脱毛・ハゲに悩むことのないよう、発毛のメカニズムをもとに検証してみましょう。
頻繁に洗髪をすると、汚れが落ちて髪にとって良い環境が保てそうな気がします。
実は頻繁洗髪こそ髪についての誤解と思い込みです。
そこで、忘れてはいけないのが“皮脂膜”の存在です。
皮脂膜とは、乾燥に弱い皮膚を守る役割を担っていることが検証されています。
それだけでなくウィルスの感染を防ぐはたらきもあるのです。
「清潔を保つために頻繁洗髪をすべき」とするのは髪についての誤解と思い込みであり、頻繁洗髪により皮脂膜はどんどん失われます。
頻繁洗髪から皮脂膜が失われると頭皮は過剰に皮脂を分泌するようになり、バランスが崩れて薄毛・脱毛・ハゲ始まります。
人それぞれの体質にもよりますが、頻繁に洗髪をしている人ほど皮脂量の多さに悩んでいるそうです。
そのため、頻繁な洗髪は避け、その頻度は1日1回が良いとの検証がいい伝えられています。


暑さに参ったサラリーマン

日常の洗髪のタイミング以外の時に特別に髪が汚れたり、大量の汗をかいたりすることもあるかと思います。
その場合は、状況によりシャンプーの利用を避けてお湯だけですすぐことをおすすめします。
健やかな髪を保ち、薄毛・脱毛・ハゲを防ぐための対策です。