頭髪 人種差

頭髪の人種差はあるのか

頭髪の人種差はあるのか

外人と日本人

人種によって肌の色が違ったり、目の色が違ったりするように、頭髪にも人種差があります。
頭髪の人種差には色々ありますが、まず第一に見た目からも分かる髪色の違いです。
頭髪の色は、皮質に含まれるメラニン色素の量によって決まります。
人類のほとんどは、メラニン色素が多い黒色の頭髪です。
しかし、白人の一部は何らかの遺伝的な原因で起こったメラニン色素の脱落によって、金髪や茶髪が生じます。
また、髪色はメラニン色素によるものですが、人類は40歳前後からメラニン色素の生産が中止されるため、白髪に関しては頭髪の人種差はないと言えます。
その他に、見た目では分かりづらい頭髪の人種差として髪の太さの違いが挙げられます。
一般的に、白人と黒人は髪が細く、日本人などの黄色人種は太いという傾向にあります。


パイプを持つおじいさん

また断面にも人種差があり、白人は楕円形、黒人は白人よりもさらに細長い楕円形、日本人などの黄色人種は円形になっています。
このため、黄色人種は比較的直毛が多く、白人ではゆるく波打った毛や巻き毛が多く、黒人では縮れ毛になりやすいという傾向があります。
このように頭髪の人種差には見た目で分かるもの、分からないものと様々なものがあります。