白髪 薄毛

白髪と薄毛のメカニズム

白髪と薄毛のメカニズム

白髪

「白髪の人はハゲない」といういい伝えが確かなのか、白髪のメカニズムをもとに髪についての誤解と思い込みについて検証してみましょう。
もしかしたら、髪についての誤解と思い込みが発見できるかもしれません。
白髪になること、ハゲることは、歳をとった証拠だという考えが一般的な検証としてあります。
実は、加齢以外にも白髪になる原因があります。
ここで白髪に関するいい伝えに関して理解を深め、髪についての誤解を思い込みを解消しましょう。
まず、髪の毛が黒く生えるか、白く生えるか、色に影響を及ぼすのが“メラニン色素”。
肌のシミに関する情報で、よく耳にする成分です。
髪の毛を生成する時に、それを黒くするのもメラニン色素です。
メラニン色素は体内の色素細胞によって作られています。
このはたらきが何らかの原因で止まった時、頭髪に白髪が生えると検証されています。


商品写真1

色素細胞のはたらきを止める原因は、加齢だけではありません。
考えられる原因として、栄養不足・ストレス・病気・生活習慣がいい伝えられています。
これらには薄毛になる原因にもなり得る要素です。
そのため、白髪が生える症状と、薄毛・ハゲになる症状を両方発症する人もいます。
実際に、白髪は生えているけれどもハゲないだろう、という人もいますが、全ての人に共通することではないのです。
そのことから、「白髪の人はハゲない」という話を、髪についての誤解と思い込みだと指摘する声があります。