紫外線 髪ダメージ

紫外線による髪のダメージ

紫外線による髪のダメージ

商品写真1

たくさん浴びると肌が傷むと言われている紫外線。
シミやそばかすを防ぎたい女性に対して広くいい伝えられています。
果たして、紫外線により傷むのは肌だけなのでしょうか。
肌だけでなく髪も太陽の光・紫外線に照らされる機会が多くあります。
しかし、紫外線が髪に及ぼす影響についてはあまり知られておらずさほど多くの検証やいい伝えはありません。
髪についての誤解と思い込み、髪と紫外線の関係について検証してみます。
まず、肌と髪とでは大きな違いがあります。
生きた細胞である肌とは違い、髪は頭皮細胞が作り出した構造物です。
肌が行っている生命活動が髪にはありません。
肌は傷むと、赤くなり、症状がひどい場合には火傷状態になります。
髪にはそのような症状が無いことから、肌に比べて外からの攻撃を受けにくいと検証されています。


商品写真1

しかし、髪が受ける紫外線からの影響はゼロではありません。
髪は周りをキューティクルで覆われている造りになっています。
そのため、髪のうちでまず紫外線に触れるのはキューティクルです。
実際に紫外線を多く浴びた髪ほどキューティクルが傷むこといい伝えられています。
さらに、紫外線はキューティクルを通り抜けて髪内部まで入り込みます。

内部にあるケラチン繊維にもダメージを与えることにより、髪はしなやかさを失います。
髪は肌ほど敏感ではないといえ、髪についての誤解と思い込みにとらわれず紫外線予防のケアが必要です。
髪についての誤解と思い込みを解消し、紫外線による傷みを予防して健やかな髪を保ちましょう。