未来型毛髪治療

未来型の毛髪治療、細胞培養

未来型の毛髪治療、細胞培養

商品写真1

毛髪治療の未来型と言われる、再生医療・細胞培養を用いた画期的な薄毛対策があります。
これまで行われていた毛髪移植は、生えている毛髪を脱毛した部分に移す方法でした。
脱毛部分をカバーすることは出来ますが、結果的に毛髪が増えたことにはなりません。
細胞培養の場合は、髪の毛を作る細胞を試験管の中で増やします。
ここで使われるのは“幹細胞”といわれる完成する前段階の細胞です。
この観点が、毛髪治療の未来型と呼ばれる再生医療のポイントです。


クローニン 羊

毛髪治療の未来型・再生医療と基本とする細胞培養で主に研究されているのが、毛包幹細胞・毛乳頭細胞のふたつです。
対外で増やすことが出来た細胞を、頭皮に注入、あるいは移植します。
細胞培養を用いた治療法は“毛髪クローニング”ともいわれる、毛髪治療も未来型です。
“クローン”という言葉から、再生医療を連想する方が多いのではないでしょうか。
細胞培養による毛髪治療は、再生医療のひとつなのです。


現在、再生医療であるこの細胞培養は、
日本・アメリカ・ヨーロッパなどにある各地の研究所で取り組みが続けられています。
その実用化は、2015年頃になると見込まれています。