毛染 パーマ 薄毛原因

毛染めとパーマは薄毛の原因

毛染めとパーマは薄毛の原因

利尻ヘアカラートリートメント

現在、ファッションの一部として毛染めやパーマが楽しまれています。
毛染めは市販されている毛染め液を購入し、家庭で自分自身でできるようになっています。
しかし、毛染めやパーマは頭皮を痛める原因になることがあります。
毛染めは、成分に脱色成分が入っているかどうかで、頭皮へのダメージ度合いが変わってきます。
一般的に毛染めは、毛の表面にあるキューティクルを開き、その中に染料を浸透させることで色を変化させています。
その過程で薬品が頭皮に触れると、その刺激で頭皮が痛んでしまいます。
そして、継続的な使用が髪の毛や頭皮を痛め、抜け毛の増加や薄毛の原因になっていることがあります。
薄毛対策をしたいのであれば、毛染めは絶対に行わない方が良いでしょう。


ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

またパーマも頭皮にダメージを少なからず与えます。
薄毛になってくると、少しでも髪にボリュームがあるように見せるため、パーマに頼る人も少なくありません。
パーマによる主な影響は髪が切れることです。
強い薬剤を使用するため、髪が痛み切れてしまいます。
パーマも薄毛対策には向いていないと言えます。
本気で薄毛対策をしようと思うなら、髪や頭皮に余計なダメージは与えないようにする必要があります。