遊離移植法特徴 コスト比較

遊離移植法の特徴とコスト比較

遊離移植法の特徴とコスト比較

遊離移植法の自毛植毛手術でいう自毛植毛は、毛包の仕組みに関する研究から生まれました。
遊離移植法は、人間の頭皮で1〜2個の束になって存在する毛包を切り分けて、主に後頭部から脱毛部に移植する自毛植毛です。
遊離移植法は毛髪単位移植術ともいい、植物の苗を土に植える様子に例えられる、薄毛対策の自毛植毛です。
外科系手術という言葉からも想像される通り、遊離移植法の自毛植毛手術には痛みを伴う恐れが大きいために局所麻酔が使われます。
遊離移植法の自毛植毛手術の時間は脱毛範囲などの状況によりますが、2〜4時間くらいが一般的です。
手術後は包帯を巻いた状態になります。
平均的にはシャワーを出来るのは24時間後、シャンプーを使えるのは程度により2日〜1週間後くらいです。


遊離移植法は、手術後に一時的な脱毛が起こることがあります。
遊離移植法の自毛植毛手術を受ける人はあらかじめ承知しておく必要があるでしょう。
このとき脱毛するのは、植毛した部分やその周辺です。
問題なく植毛ができていれば再び毛髪が生えてきます。
この現象は、手術で抜き取られた毛根がもともとの周期により休止期に入る影響と考えられています。
そして、脱毛の程度にもよりますが、半年〜1年後には自然な発毛が実現するでしょう。
脱毛の範囲や程度にもよりますが、遊離移植法の自毛植毛手術は2〜3回行えば大幅な回復ができます。
ゆえに効果が実感できる薄毛対策といえます。
遊離移植法での自毛植毛手術は移植する本数にもよりますが、多くの場合で100〜150万円くらいの支払いが必要となります。
決して安価とはいえませんが、一時的な処置により生涯を通して薄毛対策に悩む時間を解消することができます。
その支払いに抵抗を感じ、フィナステリドなどの内服薬で薄毛対策を行う人もいます。
フィナステリドでの薄毛対策あれば月1万円くらいの支払いで済みます。
しかし、その薄毛対策を長年続ける場合、通院や購入の手間も含めると経済的な負担は遊離移植法の手術とさほど差が無いことが分かります。