皮弁法

皮弁法による自毛植毛

皮弁法による自毛植毛

自毛植毛のひとつに、皮弁法という移植手術があります。
皮弁法はフラップ法とも呼ばれ、毛髪手術のうちで特に短時間で密度のある毛髪を得ることができます。
薄毛対策には内服薬による治療もありますが、必ずすべての人に効果が出るとは限りません。
皮弁法(フラップ法)などの自毛植毛手術を選ぶ人のなかには、なるべく薄毛対策の治療に時間をかけたくない人や、より確実な効果を求める人が多いようです。


薄毛対策のひとつである皮弁法(フラップ法)では、側頭部などの髪が残っている頭皮を切り離して脱毛した箇所に移します。
自毛植毛手術のあと、移植した頭皮から生える髪の向きに悩む人もいます。
側頭部の毛と頭頂部の毛は、もともと生える向きが違うため脱毛前の状態を求めた場合には自毛植毛施術のあとに違和感が生まれる場合があります。
側頭部の毛が特別に太くて強い場合には尚更です。
額を隠すように前髪を下ろそうとしても、髪がなかなか思うようにセットできず自毛植毛手術のあとどうしてもオールバックのスタイルになる人もいます。
薄毛対策をしたところに新たな悩みとなってしまいますが、その場合は生え際の不自然さを補うために、追加で植毛手術を行います。