円形脱毛症の種類

知られざる、数ある円形脱毛症の種類

知られざる、数ある円形脱毛症の種類

増毛

円形脱毛症のメカニズムにはいくつかの種類があります。

@単発型 円形脱毛症のなかで最も多い種類です。
前ぶれもなく頭髪が円形に抜け落ちます。
円の大きさは10円玉〜500円玉くらいで、1箇所だけの人もいれば3箇所に起こる人もいます。
単発型の場合、
約60%の発症者は自然に治癒していきます。

A多発型 単発型の発症者のなかには多発型へと進行する症例があります。
多発型の場合は脱毛の円が2つ以上、人によっては頭のあちこちにできます。
単発型より治りにくく、一度治りかけても再発をすることがあります。
適切な治療を行ったとしても完治までには半年から1年くらいかかります。

B蛇行型 円形脱毛症のうち、
脱毛が円形ではなく曲がった跡になって進行するのが蛇行型です。
蛇行型は子供に比較的多い症状で、
脱毛箇所は髪の毛の生え際や側頭部、後頭部に見られます。

C全頭型 全頭型とは、
数箇所にできていた脱毛部がつながっていき、頭髪全体が抜け落ちる症状です。
多発性脱毛症と似た症状ですが、症状が頭部のみの場合は全頭型円形脱毛症とされます。

D汎発型 円形脱毛症というと頭髪に起こる症状だという印象が一般的ですが、
汎発型のものとして眉毛・ひげ・陰毛などの脱毛があります。
汎発型が進行すると体中の毛が抜けます。
円形脱毛症のメカニズムにおいて、この症例も円形脱毛症の一種とされています。


増毛

円形脱毛症のメカニズムは、精神的ストレスやアレルギーなどの免疫異常に関係するといわれています。
それらの原因のより頭皮の血流が悪くなると、
毛髪の成長が妨げられます。
これほど種類が多く発症者も多い病気ですが、
残念ながら即効力のある治療法は見つかっていません。
完治には、医療機関で適切な治療が必要不可欠です。