円形脱毛症の治療法

対処療法と言われる、円形脱毛症の治療法

対処療法と言われる、円形脱毛症の治療法

注射を持つ医師

円形脱毛症の治療方法は
まだ確立されていないといわれています。
現在は、医療機関の皮膚科や
鍼灸治療院などでさまざまな治療が試されています。

@ステロイド治療 これは、日本皮膚科学会が2010年に発表した治療ガイドラインで推奨された治療方法です。
ステロイドという薬剤を利用するステロイド治療は脱毛以外の治療にも用いられています。
ステロイド治療は主に単発型・多発型円形脱毛症への効果が期待できます。
毛根を攻撃する頭皮内のリンパ球を鎮め、炎症を抑えます。

A液体窒素治療・ドライアイス圧低治療 円形脱毛症のなかで知名度が高いもののひとつです。
ドライアイス・液体窒素を円形脱毛症の患部に付け、軽い火傷を起こします。
液体窒素治療・ドライアイス圧低治療によりリンパの毛根に対する攻撃をそらします。
皮膚にダメージをもたらす可能性もあるので、液体窒素治療・ドライアイス圧低治療は専門家のもとで受けることが重要です。

BPUVA療法(紫外線療法)PUVA療法(紫外線療法)とはアトピー性皮膚炎にも行われる治療法で、紫外線を照射する方法です。
PUVA療法(紫外線療法)は過剰化したリンパ球の抑制に効果があります。

C局所免疫療法 有効率が90%以上と言われている治療法です。
局所免疫療法では、SASBEやBPCPなどの化学物質溶液を円形脱毛症の患部に付けます。
弱い皮膚炎を起こす作用のある局所免疫療法は、人によってひどくかぶれることもあります。

Dその他治療法 上記の治療以外に、レーザー治療・漢方治療があります。
また、アトピー性皮膚炎に使われる免疫抑制剤や、末梢血管の拡張効果がある塗り薬が使われることもあります。


フィジカル

円形脱毛症の治療方法は、“対処療法”だと言われており、まだ発展途上の段階です。
それぞれの治療の有効性について、円形脱毛症の治療方法は検証が不十分であるといえます。