男性型脱毛症増加

男性型脱毛症の増加

男性型脱毛症の増加

薄毛写真

日本国内で薄毛に悩む人の数は増加していて、今では1000万人以上に及びます。
そして、そのうちのほとんどが男性型脱毛症と言われています。
合わせて髪についての誤解と思い込み、いい伝えも多く検証されています。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響を受けて発症します。
これまで30代に発症例が多く見られていましたが、最近では10代から発症する人も増えてきました。
男性型脱毛症は、発症する年齢が若年化しただけでなく近年ではその発症人数自体が増加しています。


出産後の母親と新生児

特に注目されているのが、男性型脱毛症に悩む女性の増加です。
脱毛を男性だけのもと考えるのは、髪についての誤解と思い込みです。
同じ男性型脱毛症でも、男女の症状には少し差があります。
極端に脱毛が始まる男性に比べると、女性の場合は男性ほど症状がハッキリ現れません。
女性だと前髪のあたりが徐々に薄くなる人が多いようです。
男女ともに、体内で男性ホルモンが増加することにより男性型脱毛症を発症するといい伝えられています。

女性は出産後の甲状腺機能の低下や、卵巣機能の低下がきっかけになり得ると検証されています。
そのほか男女ともに、不規則な生活習慣やストレス、過度のヘアケアによる男性型脱毛症の発症が増えています。
もはや「薄毛は遺伝」とはいい伝えになりつつあり、髪についての誤解と思い込みだと判断されつつあります。
検証によって、男性型脱毛症の遺伝以外の原因が次々に解明されています。