病的脱毛

病的脱毛

病的脱毛

脱毛

脱毛の原因にはストレスや病気によるものがあります。
病的脱毛には、様々なものがあります。
病的脱毛において、ストレスが原因で起こる脱毛で代表的なものが円形脱毛症です。
円形脱毛症は、ストレスによって毛細血管が縮小してしまうことが原因です。
頭皮の毛細血管が縮小すると、その部分の粘膜が死んでしまい穴の開いた状態になってしまいます。
また、円形脱毛症と間違えやすいのが、トリコチロマニア(自己抜毛症)です。
トリコチロマニアは、特に小学生に多い症状ですが、無意識のうちに自分で髪を抜いてしまうことによって起きる脱毛です。
トリコチロマニアもストレスが原因ではないかと考えられています。
病気が原因で起こる脱毛には、甲状腺ホルモンの減少によって起こる甲状腺機能による脱毛や、細菌感染によって起こる感染症による脱毛、関節リウマチによる脱毛、抗がん剤などの薬剤による脱毛などがあります。


フィジカル

その他に、女性に多いのが分娩後(出産後)脱毛症です。
妊娠中や出産後の女性は、黄体ホルモンの分泌が活発になり、その働きでヘアサイクルが変化し一時的に脱毛が多くなります。
しかし、これは自然なことで心配ないケースがほとんどです。
このように病的脱毛は様々なものがあり、心配になることがあれば医師に相談してみるのもよいでしょう。