AGAの検査

AGAの検査をしよう

AGAの検査をしよう

AGAの検査

男性型脱毛症(AGA)かどうかを判断するには、遺伝子検査を行う必要があります。
症状で判断することもできるのですが、他の脱毛症や皮膚病が原因の脱毛と見分けがつきにくいので、気になるようであれば遺伝子検査をしたほうが確実です。
この遺伝子検査は以前まで病院でしか出来ませんでしたが、現在では自宅で男性型脱毛症(AGA)の検査が出来るようになりました。
また、遺伝子検査には、フィナステリド感受性試験という方法があります。
フィナステリド感受性試験とは、男性ホルモン受容体に対するDHTの結合度を調査するものです。
フィナステリド感受性試験で、フィナステリドであるプロペシア錠の有効度が判断できます。
しかし、一般的に医師の目視による判断で薄毛治療が行われます。


発毛・育毛専門サロン

その他にも、病院に行くほどではないが男性型脱毛症(AGA)かどうかを知りたいという方には、AGAチェックというものがあります。
AGAチェックとは、いくつかの質問に答えるだけで、自分自身の毛髪の状態と将来の毛髪の状態が分かります。
AGAチェックで分かる具体的なものは、自分自身の薄毛がAGAによるものなのかどうかや、プロペシアが効くのか、自分自身の脱毛症は将来どうなるのか、AGAになりやすいのかが分かります。