AGA研究歴史

AGAの研究の歴史

AGAの研究の歴史

パルテノン神殿

男性型脱毛症(AGA)の研究の歴史ははるか昔にまでさかのぼります。
紀元前400年頃ギリシャのヒポクラテスですが研究の結果世界で初めて説明しました。
ヒポクラテスは、研究の結果、睾丸のない男性は禿げないということに気付きました。
男性型脱毛症(AGA)は睾丸に原因があるということです。
次の時代になると、アリストテレスは、男性は睾丸がある為に体毛が生えたり、性衝動にかられたり、禿げたりすることを研究の結果明らかにしました。


ヒポクラテスとアリストテレスの後、男性型脱毛症(AGA)の研究は滞っていたらしく、記録はありません。

そのあと歴史は進み、第二次世界大戦前にアメリカの医師であるハミルトンが男性ホルモンを調べた結果、禿げは遺伝的なものであるということが明らかになりました。
そして、1960年代にノコギリヤシと呼ばれる成分が、薄毛に効果があることが分かり、1998年にAGAの治療薬としてプロぺシアをアメリカをはじめとする各国に向けて発売しました。

プロぺシアは日本で2005年に発売されました。
AGA治療薬は約2400年たってようやく登場したという壮大な歴史があるのです。