AGA患者の実態

AGA患者の実態

AGA患者の実態

フィジカル

男性型脱毛症(AGA)の患者数は全国で約1000万人以上だと言われています。
そのうち何らかの治療を行った人は約半分というのが実態です。
半数はほぼ何もしずに放置していることになります。
治療を行わずに放置している男性型脱毛症(AGA)患者の実態は、薄毛に対してあきらめているという人が多数います。
また、あきらめてはいないが男性型脱毛症(AGA)の治療をするのは恥ずかしいといった人もいるというのが実態です。


商品写真1

逆に、治療を始めようと思ったり、治療方法を知ったきっかけには様々なものがあります。
治療方法を知るきっかけは、CMやインターネットで知ったりすることがほとんどです。
また、治療をしようと思ったきっかけは、兄弟から誘われて治療を行ったり、家族や子供のために治療をしようと思う人も少なくありません。
AGA患者の実態としては以上のようなものがあります。
AGA治療を行った人は、改善されている傾向があるので、早めに治療することをお勧めします。